笑ってシゴトしよう ~自分育て・社員育て

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 働く人向けサイト

キャリアの断絶を恐れないで

キャリアの相談でよくある内容なのですが 

 

産休・育休を取った後 

閑職に移されてしまった(女性) 

 

時短勤務を選択したら 

リーダーから外されてしまった(女性) 

 

育休を取ろうとしたら 

自分の業務を他者に奪われた(男性) 

 

自分がいなくても会社が回るのを 

見るのが怖くて育休が取れない(男性) 

 

育休の制度が整ってきたのに 

うまく利用できない現状があるようです。 

 

働く側に 

結婚・出産・育児は 

今までのキャリアを断絶、あるいは 

変更しなければならないイベント 

と 

若干負の印象を伴った認識が 

あるのでしょうね。 

 

では 

結婚・出産・育児をしなかったら 

あなたはどうなっていたのでしょう。 

 

ずっと働いていれば管理職になれる? 

フル勤務していれば花形の仕事をやれる? 

長くそこにいればベテランと慕われる? 

 

結婚・出産・育児によって 

あなたが失うキャリアって何でしょう。 

 

そもそもそれは 

“失うもの”だったのでしょうか。 

 

私達はまだ、頭のどこかで 

古き出世スタイルや 

年功序列制度の堅固な常識に 

縛られている気がします。 

 

長く居続けることが良いことで 

長時間働けることが良いことで 

キャリアに穴のない人が出世が早く 

出世が早い人が優秀な人 

みたいな。 

 

勿論、雇用側の努力として 

時短勤務でも管理職になれるとか 

子育て中でもリーダーになれるとか 

半在宅勤務でも要職に就けるとか 

新しい働き方を柔軟に取り入れることが 

必要になりますが 

 

働く側の意識改革も 

していいのではないでしょうか。 

 

その職場で自分の価値って何なのか 

 

自分が“要職”と思っている幅は狭すぎないか 

 

自分の希望が通らなくても 

今の場所で自分らしさを発揮する術を 

磨いているか 

 

自分にある時間の中で 

どれだけ生産性を上げる努力ができているか 

 

新しい考えを持ってみましょう。 

 

いろいろな働き方がある時代です。 

やったことのないことをやってみれば 

あなたの幅は広がるし 

見たことのないものを見に行けば 

あなたの視野は広がります。 

 

結婚・出産・育児を 

“負のイベント”にしないでくださいね。 

この世で最も尊いイベントですよ。 

 

f:id:career-re-birth:20180916181945j:plain

 

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/career/ 

 

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/aroma/