笑ってシゴトしよう ~自分育て・社員育て

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 働く人向けサイト

負荷が欲しい?させられない?

日本能率協会マネジメントセンターの 

調査によると 

http://www.jmam.co.jp/topics/1233856_1893.html 

 

自分自身が成長することに対して 

今どきの新入社員のうち6割以上は 

『一時的に業務の負荷や 

労働時間が増えても 

自身の成長につながるならば 

挑戦したい』 

と考えているそうです。 

 

一方 

上司・先輩のうち6割弱は 

『新人の成長につながる仕事でも 

残業をさせないことを優先して 

新人の業務を減らしている』 

と答えたそうです。 

 

上司は「本当は成長させたいから 

少し負荷のかかる仕事をさせたいけれど 

“残業になる”と嫌がられるだろうなぁ 

折れてしまったらかわいそうだなぁ」 

…等々… 

新人のことを気遣っているのが 

感じられますね。 

 

それなのに当の新人が 

「大変でもチャレンジしたい!」と 

思っていた、というのには 

驚かされるでしょう。 

 

新人も、意外と芯がある。 

捨てたもんじゃありません。 

 

ただ、ちょっと心配なのは 

新人の皆さんが「挑戦したい」と 

思っているそのベースが 

上記のように 

上司・先輩から配慮され 

気を遣ってもらい 

大切に育ててもらっている状態で 

いわばあたたかな巣の中から見た 

「挑戦」なのだとすると 

 

本当の負荷や、実際の残業の大変さを 

まだ知らないまま 

挑戦へ憧れている段階の発言 

かもしれない、ということ。 

 

実際にチャレンジングな業務を 

任された時には 

上司の心配していたとおり 

折れてしまうかもしれません。 

 

同じ調査の中で 

若手が、他の世代よりも 

失敗を恐れている、という結果もあり。 

 

(仕事で失敗したくないと思う人 

バブル期入社 66.7% 

氷河期入社  70.1% 

新入社員   82.9%) 

 

これは失敗したらどうなるかわからない 

わからない故の恐怖も混ざっていると 

思います。 

 

前回の「言葉」の中にも 

失敗を慰め、フォローしてくれる言葉を 

若手が欲しがっているのが 

見て取れました。 

 

失敗した時、上司先輩から 

突き放されたくない 

寄り添って支えてほしい 

という気持ちなのでしょう。 

 

調査の総括でも 

新人には経験をさせ 

そこから何を学んだのかを 

上司・先輩が一緒に振り返り、共有し 

個別の指導をしていくことの重要性を 

説いています。 

 

「とりあえず一人でやらせてみよう」 

ではなく 

「ここで見てるからやってごらん」 

「よくやった、では振り返ってみよう」 

で。 

 

“新人の指導は…”と一くくりでなく 

“目の前の〇〇君”“△△さん”の指導 

一対一や、それに近い少人数の個別支援で。 

 

新人の成長をあたたかく促しましょう。 

 

そして、新人・若手の皆さんも 

上司・先輩があなたたちを支えようと 

気を配り考えてくださることに 

応えられるよう頑張ってください。 

成長に、筋肉痛はつきものです。 

地道で苦しい筋トレをしないと 

あなたの筋肉は成長しません。 

 

f:id:career-re-birth:20180916122751j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/career/ 

 

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/aroma/