笑ってシゴトしよう ~自分育て・社員育て

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 働く人向けサイト

求人の労働条件明示ルールが変わります 

あけましておめでとうございます。 

今年もこちらのブログでは 

はたらく皆様や、経営者の皆様に 

役立つお話を 

キャリアコンサルタントの立場から 

発信していきたいと思います。 

どうぞよろしくお願いいたします。 

 

なお 

就活生向けのブログは↓こちら 

http://career-re-birth-syukatu.hatenablog.com/ 

 

 

キャリアコンサルタント向けのブログは 

↓こちら 

http://career-re-birth.hatenablog.com/ 

 

 

すべての情報をまとめた私のHPは 

↓こちらになります。 

http://re-birth-y.com/career/ 

 

さて 

2018(平成30)年1月1日からの 

法改正施行のお知らせです。 

 

企業が労働者の募集を行う際に 

労働条件明示等のルールが変わります。 

 

【労働条件を明示するタイミング】 

①求人を出す時 

②変更があった場合できるだけ速やかに 

 ↑★今回の法改正で新設! 

  これをお忘れの企業様が多いです。 

  求職者とのトラブルの原因に 

  なりやすいところですから、 

  ご注意を! 

③労働契約を結ぶ時 

 ↑これもちゃんとしておかないと 

  後で労働者との間で 

  「話が違う」「いや、こう言った」 

  というトラブルになりかねません。 

  ご注意を! 

 

【明示する内容】(★が法改正で新設) 

・業務内容 

★試用期間の有無と期間 

・労働契約の期間 

・就業場所 

・就業時間 

・休憩時間 

・休日 

・時間外労働(月平均〇時間) 

裁量労働制の場合、〇時間働いた 

 ものとみなす という説明 

・賃金(試用期間中、賃金が変わる 

 ならそれも) 

★固定残業代を支給する場合 

 基本給は〇円 

 その他、〇〇手当 

 (時間外労働の有無に関わらず 

  〇時間分の時間外手当として 

  〇円を支給) 

 〇時間を超える時間外労働の 

  割増賃金は追加で支給 

・加入保険 

★募集者の氏名か事業所名称 

★派遣の場合 

 雇用形態が派遣労働者である旨 

 

【★求人票に明記したのと異なる 

 労働条件で雇用する場合 

 どこをどう変更したか明示する】 

・求人票と違う賃金で雇用する場合 

・求人票で賃金を〇万円~〇万円と 

 表記していた場合、その間のいくらで 

 実際に雇用するか 

・求人票に表記していた手当類を削除 

 又は新たに追加する場合 

 

労働者が、労働条件をよく認識し 

その上で、労働契約を結ぶかどうか 

考える時間を確保してください。 

 

特に新規学卒者に関しては 

内定までの間に 

労働条件明示を書面で行わなければ 

なりませんし 

求人票に明記した労働条件を 

変えて雇用することは不適切です。 

 

労働者が安心して働けるように、また 

企業様が、御社にぴったりの人材を 

雇用し続けられるように、 

これらルールを守って 

双方笑顔で雇用契約を結んでください。 

 

詳しくは、厚生労働省HPを 

ご覧くださいね。 

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000172497.html 

 

f:id:career-re-birth:20171230030933j:plain

 

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント応援 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/career/ 

 

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/aroma/