笑ってシゴトしよう ~自分育て・社員育て

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 働く人向けサイト

新入社員への配慮 

先日入った、東京のとあるレストラン。 

カウンター席の端に通され 

その席からは厨房の中がよく見えました。 

従業員、特に厨房の中の方は 

外国人の方が多く働いていらっしゃいました。 

 

厨房の壁に、貼り紙がしてありました。 

文言を正確には覚えていないのですが… 

 

☆・☆・☆・☆・☆ 

 

新入社員はとてもナイーブです 

先輩のなにげない言葉にも傷つきやすいです 

その点を忘れず、ちゃんと気配りをしましょう 

先輩から声をかけましょう 

私達の会社は、全ての従業員が 

幸せに働けることを目指します 

 

☆・☆・☆・☆・☆ 

 

というような内容でした。 

とても感心しました。 

 

昔の私だったら 

「そんな甘やかして…」と思ったかもしれません。 

でも時代は流れています。 

今やこれは甘やかしではなく 

適切な配慮と言えるでしょう。 

 

思い起こせば 

確かに新入社員の時、誰もがとてもナイーブでした。 

転職で職場が変わるたびに 

仕事のやり方一つひとつ 

仕事以外の職場の暗黙のルール一つひとつに 

「これでいいんだろうか…」「まずくないかな…」と 

ドキドキヒヤヒヤすることがありました。 

入社間もなく、早速怒られたりしたら 

もーー傷ついて、落ち込んで、辛いですよね。 

慣れない環境で、気持ちを張りつめている時は 

少しのことが引き金になって 

心から血が吹き出ることもあるかもしれません。 

 

雇う側として 

新入社員であっても外国人であっても 

障がい者であっても若年者であっても 

無用に傷ついたり、困ったり、悩んだりして 

心身の調子を壊すとか 

職場を辞めるとか 

そんな不幸を味わう仲間が一人でも出ないように 

配慮をすることは必要なんですね。 

 

☆・☆・☆・☆・☆ 

 

そういえば、障がい者雇用のトップ企業である 

某社の某店舗で、知的障がいのある方を雇用した際 

始めて障がいのある方を受け入れる若い店長が 

従業員に対してこうおっしゃいました。 

「新しく来られる○○さんは知的障がいがあります。 

皆さん、○○さんに 

『わからないことがあったら何でも聞いてね』 

と言ってはいけません。 

皆さんの方から○○さんのもとへ行ってください。 

皆さんの方から○○さんに、何か困っていることは 

ないかと声をかけてください。 

○○さんの方から来るのを待ってはいけません」 

 

わー…さすがこの企業の店長をやるだけの方だなぁ 

と感心したものでした。 

今から15年くらい前の話です。 

支援者の私も、目からウロコでした。 

 

新たな仲間を大切にしたい 

仲間として受け入れ、気持ち良く働いてほしい 

と思うのであれば 

これらの配慮は、特別扱いなどではなく 

受け入れる側の自然な行動ですね。 

 

大切にされた新入社員さんは 

その職場に【受け入れられた感】【居場所感】を持ち 

長く居てくれるのではないでしょうかね。 

 

f:id:career-re-birth:20171125203947j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント応援 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/career/ 

 

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/aroma/