笑ってシゴトしよう ~自分育て・社員育て

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 働く人向けサイト

この言動は望む結果につながるか   

仕事を辞めてきた若い方が 

おっしゃいました。 

「会社の人がみんな冷たかった」 

 

どう冷たかったのか?お聞きすると 

「何を聞いても 

『言ったよね?』から始まるんです。 

それでもうそれ以上聞けなくなります」 

 

なるほど。質問したのに 

「言ったよね?」と返されると 

 

【以前も言った(教えた)はずだ】 

【教えてやったのに忘れたのか】 

【同じことを何度も聞くな】 

【また教えるのは手間だ】 

【この新人使えない】 

…等々… 

こういう意味が含まれている、と 

言われた方は感じるのですね。 

 

たしかに、言った方は 

前も説明したことをまた聞かれると 

頭に来ること、あるでしょう。 

そういうニュアンスを込めて 

『言ったよね?(怒)』と 

言っているかもしれませんね。 

 

しかし 

そう返すことによって 

若い新人さんは 

「それ以上聞けなく」なっています。 

これは 

先輩が望む結果でしょうか? 

 

新人の質問をシャットアウトすることで 

新人は確かめることができなくなり 

仕事で失敗し 

お客様にご迷惑をおかけし 

売上をダウンさせ 

会社の業績を下げ 

社員全員の報酬が下がり… 

 

あらあら、悪いことばかり起こります。 

 

しかも新人さんは 

それで会社を辞めました。 

それも先輩が望む結果でしょうか? 

 

先輩はきっと 

新人に 

早くこの会社の仕事を 

覚えてほしかったのでしょうね。 

一度教えたことは覚えて 

決して二度聞いたりしない 

それが仕事の真剣度だと 

伝えたかったのでしょうね。 

 

辞めさせたくて言ったことでは 

ないと思います。 

(本当に辞めさせたいのなら、もっと 

 別の言い方をするかと 

 思います…ごにょごにょ…) 

 

望む結果にならないようなら 

そんな言動、しない方がいいですよ。 

 

同じことを何度も聞かないように 

してほしければ 

最初に教える時に 

今覚えられるように 

何かしら手を打つべきです。 

 

メモの取り方を助言するなり 

モデリングしてやるなり 

本人にやらせて習得度合を確認するなり 

派生しそうな作業まで教えるなり 

やっておけばいいのです。 

 

同じようなことを聞いてきたら 

前教えたあれの応用だよ、 

あれと同じようにこうすればいいよ 

と教えればいいのです。 

 

よくあるのが 

先輩は前説明したことと 

同じことと思って(わかって)いるけど 

新人は 

別の事案だと思っているケース。 

 

説明すれば、新人の方が 

「あ!前やったあれと同じで 

いいんですね?わかりました!」 

となるのではないでしょうか。 

 

ちょっとした認識の違いで 

気持ちがすれ違い 

人生も社運もガラガラ崩れていく 

そんな不運は、先輩の寛容な心で 

食い止めましょう。 

 

☆。☆。☆。☆。☆。 

 

また、『言ったよね?』も 

主語が変わると意味が変わります。 

 

上記の主語は、先輩、「私」です。 

これが、新人、「あなた」になると… 

 

『あなた言ったよね?』 

おぉ…全責任を新人に背負わせる 

これまた恐ろしい言葉になりました。 

 

新人は、ほぼほぼ 

よくわからなくていろいろ言うもの。 

新人がポロっと言った何かが 

例え失礼だったとしても 

言葉尻ひとつをあげつらって 

責めてしまったら… 

 

また、望まない結果がやってきます。 

 

ベテランの皆さんも 

ご自身が新人だった時のことを 

思い出して 

寛容な心で、育ててやってください。 

不幸を食い止めましょう。 

お願いいたします。 

 

f:id:career-re-birth:20171011145735j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント応援 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/career/ 

 

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/aroma/