笑ってシゴトしよう ~自分育て・社員育て

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 働く人向けサイト

自分がやると言えない職場

新しい業務
今やらなければならないこと
小さなことでも、日々発生しますよね。

一体誰がやるのか?

問題になります。

①上からの指示が絶対で
やれと言われたことしかやってはいけない
と思っている人は
「上が指示すべきだ」と思うし

②人の主体性を尊重したい
と思っている人は
「やる」と言う人が現われるのを待つし

③チームの和が大事だ
と思っている人は
「誰かやりたい人がいたら
その人に譲ろう」と思うし

④自分の仕事で手いっぱいの人は
「暇なやつがやればいい」と思うし

⑤自信がない人は
「できる人がやればいい」と思うし

⑥遠慮が美徳と思っている人は
「自分がやると言うなんて図々しい」
 と思う。

全員、内側で考えている思惑が違う。
結果
誰も手を上げません。

①指示に従いたい人は
「うちの上司、全然ダメよ。
指示出せないんだもん」と言い

②主体性を伸ばしたい人は
「みんなダメだ、消極的で」と言い

③和の人は
「やりたい人が
言い出せないのかもしれない
もう少し待とう」と思い

④多忙な人は相変わらず怒り

⑤自信がない人は
自分には関係ないことと思い

⑥遠慮が美徳の人は
手を上げない自分は正しいと思う。

こうして
みんなの心はバラバラになり
仕事の遅いチームになっていきます。

誰かが
自分の信じている常識を疑い
今までの自分をブレイクスルーできれば
事態は変わり、進むでしょうが
人はなかなか、そんなに変われない。

それなら
今までの自分の価値観に従いつつ
変化を起こしましょう。

①指示待ちの人は
上司に指示を仰ぎに行くとか
上司が指示を出しやすいような整備をする
とか

②主体性重視の人は
自分がみんなの自主性を待っている
と伝えるとか
自らやると言い出せる人に
自分は協力する準備があるよ
と伝えるとか

③和の人は
内心やりたいと思っている人がいないか
聞いて回るとか
みんなのそれぞれの思惑を集約して
チーム内の調整をするとか

④多忙な人は
「今タイヘンなの!」と
助けを求めるとか
誰かにお願いするとか

⑤自信がない人は
自信のありそうな人を巻き込んで
その人から教わりながらやるとか。

⑥遠慮する人は
その優れた気遣いのスキルを活かして
周りの人が動きやすいよう持ち上げるとか。

人がみんな違う判断基準で生きているのは
当たり前のことです。
どんな言動が取りやすいかも違います。

その違いを許容し
むしろ伸ばすことができれば
職場は活性化し
仕事の早いチームになれるかも
しれませんね。

f:id:career-re-birth:20170616084817j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・国家資格キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/

 

入りたいわけじゃないのに受かる

就活生の様子を見ていると
まだ昨年くらいまでは

すごく入りたい会社でないと
受からない

奇跡は起こらない

という感じでした。

ところが今年の様子を見ると

「すごく入りたいわけじゃないのに
受かっちゃった」

という学生が多くいまして。

いい時代になったなぁー
バブル期を超えたというけれど
こんなに受かりやすくなったのかー。

ところが
よくよく聞くと

「すごく入りたいわけじゃないのに
受かっちゃった」

じゃあ、すごく入りたい会社はどこ?
と質問すると

「特にない」と。

第一志望はどこ?と質問すると

「わからない」と。



もしかして、昨年までは
すごく入りたいという意欲があるから
受かったのだと
思っていたけれど

すごく入りたいという意欲がある
学生が“いた”
ということだったのかもしれません!?

いや、今年が
“すごく入りたいという意欲がある
学生が、全くいない年”
と言っているわけではありません。

たくさんいるとは思います、
しかし
そうじゃない学生さんも多少いる、
その割合は昨年以前より増えてきている
という感じがするのです。

さて、自分はどっちでしょう?

すごく入りたいわけではないのに
受かってしまった今年の学生さんが
困るのは
入ってからです。

どんな仕事でも
きついのです。

苦しい瞬間がやってきます。

理不尽さを感じることも多々あります。

なぜなら
仕事は人のためにやるものだから。

あなたの思い通りにならないこと
ばっかりです。

その時に
どうやって踏ん張りますか。

「すっごく、これやりたかった」
「あぁ今、充実してる!やりがいある!」
という実感がある人は
苦しくても踏ん張れるのですが

「別にやりたくないけど受かったから」
との気持ちで入った人は
その踏ん張りが効かない分

上司から
あなたの成長のために与えられる指導が
自分の成長のためと感じられず
自分へのパワハラだと感じられる
恐れがあります。

周りから
お客様の利益のためと指示されることが
自分の利益にならないと感じられ
理不尽なことを強要されたと感じられる
恐れがあります。

自分にはこう感じる傾向がある、と
そこは周りの先輩たちとのズレだ、と
これを頭に入れておいてください。

自分の特徴を理解した上で

しかし仕事は、お客様の利益のため、
周りの人が働きやすくなるため、
そして会社に利益をもたらすために
やるわけですから

自分のモチベーションをどこに置くか
自分は何をよすがに仕事の努力をするか
考えながら仕事をしてください。

大丈夫
やりがいというものは
やりながら見つけるものです。
努力を続けていれば
見つかりますよ。

社会人としての成長点は
社会人になってから来るものです。

f:id:career-re-birth:20170605094636j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・国家資格キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/

 

各自の行動規範があることを認める

たとえば、職場で、仕事の話で
人に話しかける時に
「今話しかけてもいいですか?」
と言う人がいたり

名前を呼びかけて相手がこっちを向いたら
すぐ用件を話し始める人がいたりします。

「今話しかけてもいいですか?」
と言う人は
相手が私の話を聞く体制にあるのか
しっかり確認したい、とか
相手が忙しいなら今は話しかけないよ
と言う準備が、自分にあることを
示したいとか
そういう意図があって、言っています。

すぐ用件を話し始める人は
名前を呼びかけて、相手が
こっちを向いた段階で
私の話を聞く体制にあるという意思表示
と捉えます。
相手が忙しいなら話途中であっても
引き下がるつもりはあります。

「今話しかけてもいいですか?」
と言う人は
これが配慮があって良い方法と思うし
自分もそう話しかけてほしいし
そう話しかけてくれない人のことを
配慮が足りない、失礼な人と思います。

すぐ用件を話し始める人は
仕事である以上、話しかけられたら
聞くのが当たり前と思うし
自分もそう話しかけられてOKだし
そう話しかけてくれない人のことを
慇懃無礼、善行アピールだと感じます。

☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆

新しい業務が入ってきて
誰がやるか話し合いで決める時

自分がやります!と言う人と

他の人に譲る人がいます。

自分がやります!と言う人は
純粋にやりたいと思ったから
やりたいと言ったのかもしれないし

他の人が忙しそうだから
自分が引き受けようと
思ったのかもしれないし

こんな面倒くさいことを他の人に
押し付けては失礼だ
みんな私がやればいいと思っているに
違いないと思ったのかもしれません。

他の人に譲る人は
純粋にやりたくなかっただけかも
しれないし

他にやりたい人がいたら
自分が奪ってしまったら申し訳ないと
思っているのかもしれないし

他の人の意見こそ尊重すべきで
みんなが決めることに自分は従える
その柔軟性がある、と
示したいのかもしれません。

☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆

このように

みんなそれぞれの考えに従って
自分の言動を決めており
自分が正しいと信じており

自分と違う行動規範で生きる人を
「自己チュー」「あり得ない」と
思っちゃうのですね。

でも他の人にしてみれば
自分が正しいのです。

だから、普遍的にこれが正しい
なんて、ないのですよね。

周りに
理解しがたい人
合わない人
頭にくる人
いろいろいると思いますが

ただ自分の行動規範と違う規範をもとに
生きているだけのこと。

悪気はないので
悪い奴だとは思わないであげてください。

本当に、いろんな人がいるのです。

価値観の違いです。
広い心で受け容れましょう♡

ただ

相手の行動規範に合わせて
こっちも言動を変えるか
それとも、あくまで
自分の行動規範を貫くか

それは
時と場合と相手に応じて…(汗)

 

f:id:career-re-birth:20170525190326j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・国家資格キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/

 

怒る人に限って

自分だけ知らない情報があると
「何それ?私聞いてないんだけど!」
と怒りだす人に限って

連絡の書類を見ていなかったり
掲示を見ていなかったり
しますよね~。

「自分には誰かが正式に伝達してくれる
“べき”」と思っていると
こうなります。

責任を自分以外に求めるのですね。

一方、自分のことの責任は自分にある
と思っている人は

自分だけ知らない情報があると

「私、何かを聞き逃していたかもしれない」
「大事な連絡を失念していたかも」
「私が聞いてあげるべきところを
逸していたかも」
と思うので

「すみませんが、それ
教えていただけますか?」
と人に言うわけです。

「私聞いてないわよ!」と
「教えていただけますか?」
同じ事象なのに
場の空気は全く変わりますね。

周りがどんな気持ちになるか、も
全く違いますね。

言った人の印象だって
全く違ってきますよ。

知らされなかったことを怒る人は
仕事を率先してやるようには見えないし
責任感もなんだか薄そうです。

謙虚に接することができる人は
きめ細やかな仕事ができそうな印象です。

あなたの印象を形成しているのは
あなたの日々の言動なのですね。

f:id:career-re-birth:20170504010031j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・国家資格キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/

 

広告を非表示にする

生活に夢をもてるお給料を

UIJターン希望の方の
就職相談をお受けしていると
本当に申し訳ない気持ちになります。

都会の大きな会社でやってこられた
実績も実力もある方が
山形に引っ越そう、山形ではたらこう
と思った時に
受けたいと思える求人がないのです。

基本給が13万とか15万とかなのですよ。

これでは
UIJターン希望の方は
山形に来れません。
人は山形から出て行きます。

人は手取り10万で
幸せに生きていけるのでしょうか?

お給料の設定がこのレベルということは
設定している企業の側は
「ご主人の稼ぎがメインで
あと少し生活の足しにしたいと思っている
主婦」
を想定していると思われます。

そして、そんな求人ばっかりあります。

裕福な主婦がどんだけいると
思われているのでしょうか?

山形の人口を増やしたければ
一家の大黒柱に見合うお給料を
出さなければならないと思います。

そこを受けるのが、例え大黒柱でなくても

そう、女性だろうが、60代だろうが
障がいのある方だろうが、若者だろうが

会社やお客様に貢献したくなるような
条件で
はたらくことに意義ややりがいを感じる
環境で

誰もが実力を発揮して
覇気をもって
常にカイゼンの意識で
はたらいてもらいたいと思いませんか。

その方が絶対
会社の業績も伸びると思いますよ。

会社の都合もおありだと思います。
計画を練り、考え抜いた末の
賃金設定だとは思いますが

このお給料では
受けたくても受けられないし
入っても頑張れなくて
すぐ辞めちゃうと思いますよ。

賃金を設定している方が
自分だったらいくらなら頑張れるか
いくらなら新天地での生活に夢を持てるか
も、考慮に入れていただきたいと

他県からIターンで来て
山形大好きなわたくしは
思うのです。

f:id:career-re-birth:20170503224057j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・国家資格キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/

 

文句が文句でなくなるスイッチ

新社会人の皆さんは
怒涛の1か月が過ぎ
待ちに待った長期休暇ですね。

何とか1か月、やれたじゃないですか。
おめでとうございます。

「いえいえ、この1か月は殆ど研修で」
「本格的な仕事はこれからですから」
と言えるあなたは
その謙虚な学ぶ姿勢で
これからもきっとうまくやっていけますよ。

人や、環境に対し
良いところを見る習慣があるのでしょう。
きっと自分に対しても
良いところを素直に認めることができる
姿勢をお持ちでしょう。

そんなあなたは、今後も大丈夫ですよ。

まだ1か月ですが
「うちの会社サイテー!」「将来性ない」
「上司が頭悪い」「希望が通らない」
などと思っている人もいるのです。

悪い方へ、悪い方へと考えが進み
自分以外の周りがすべて悪い
という固定観念にとらわれています。
中二病に似てますね)

文句というのは、
一番簡単に言える言葉です。

しかし、その文句を文句のまま
軽々しく口にする姿は
社会人として、あまり相応しくないですね。

そこで

「△△はダメだ」
を↓
「△△を変えるにはどうしたらよいか」
に切り替えましょう。

「うちの会社、将来性ない」
 ↓
「うちの会社の将来性を良くするには
どうしたらよいか」
そう、将来性を良くするのもなくするのも
社員であるあなたの責任ですからね。

「上司が頭悪い」
 ↓
「上司にこれをわかってもらうには
どうしたらよいか」
あら、もしかして
あなたの説明方法や接し方を変えると
上司も変わるかもしれないですね?

「希望の部署へ配属されなかった」
 ↓
「希望の部署へ配属されるには
どうしたらよいか」
多分同じことを悩んだ先輩が
いる筈ですよ。
誰かに相談してみたらいいのでは?

このように

「△△はダメだ」という考えが湧いたら
 ↓
「△△を変えるにはどうしたらよいか」
に切り替えてみると

全然ダメダメな環境も
自分次第で何とかなるかもしれない
という希望が湧いてきますね。

新入社員の皆さんだけでなく
ベテランの皆さんも
ちょっとスイッチを切り替えてみましょう♪

f:id:career-re-birth:20170503155401j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・国家資格キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/

 

オジサンオバサンと若い子とのギャップ

今年の大学4年生と、3年生が
『ゆとり純血コア世代』
小1から高3まで、ゆとり教育しか受けていない
のだそうです。

その前は
小学校の途中からゆとり教育が始まった年代
その後は
中学校や小学校の途中でゆとりが終わった年代
なんですって。

(参考:『「ゆとり世代」が職場に来たら読む本』柘植智幸 日経BP社 2013)

まぁ程度に差はあれ
まだまだ続く、ゆとり世代の社会進出期間。
そんな彼らを選抜し、迎え入れる企業側の人間は
40代・50代。

ギャップは広がります。

最近では、企業の側も様々な工夫をこらして
若い新入社員達の気持ちに寄り添おう、
彼らの気持ちを理解しようとしてくださっています。

大人が、涙ぐましい努力をしています。

新入社員の皆さんも
上司・先輩の皆さんが、あなたを理解しようと
研修に出たり勉強をしたりしていることを
知っておいてくださいね。

何かをすぐに決めつけず
大人を頼って、何でも相談してください。

☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆

いつかラジオで聞きました。
最近の子どものうち、10%もの子が
【人間は死んでもまた生き返れる】
と、本気で信じているそうです。

このくらい
大人と子どもとでは
知識・認識・常識に違いがあるんですね。

この溝たるや…恐ろしいレベルです。

これでは
上司の皆さんが
「若い社員に指示・指導が通らない」と
嘆かれるのも無理はありません。

しかし、ゆとり世代には罪はない。
彼らは選択して教育を受けたわけではなく
悪気があってあなたの言うことを聞かないわけでも
ないのです。

認識の違いです!

私達大人は、自分の常識をとっぱらって
若い彼らの真の姿を見ましょう。
その言葉を言ったのは何を考えたからなのか。
その行動は何に配慮した結果なのか。

私達大人の常識を根本からくつがえすような
答が返ってくるかもしれませんよ。

それは私達にとっても
視野を広げ、新たな視点を獲得できる
チャンスかもしれません。

☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆

もしかすると
障がいのある方と関わる仕事をしている人達は
この認識の違いを乗り越えるのが
得意かもしれません。

私もそっちの業界出身ですが
知的障がい、精神障がい、発達障がいのある方達と
接していると
自分の常識がガラガラと崩されていくのです。
それをぶっ壊さないと
本当の支援なんてできない、という業界です。

そして彼らの使っている方法は
ユニバーサルデザイン
誰にとっても効果のある支援方法なのです。

もし機会がありましたら
障がい者支援分野の人と、話をしてみてください。
若者との接し方においても有効なヒントが
得られるかもしれませんよ。

f:id:career-re-birth:20170410094213j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・国家資格キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/